会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ロハス・フレンド会員とは?
会員登録のメリット
モニターについて
ロハス・フレンド会員限定|会員ログイン後の購入で最大50%OFF!
[ロハス・フレンド会員限定]未来のためにできること第2回リサーチモニター|地球も人もうれしい洗濯用洗剤「海へ・・・」
メールマガジン
メールマガジンは月2回発行。
旬の話題や、国内外のロハス・エコに関する情報、スタッフの日常などについてお届けしています。

メルマガ登録・解除はこちら
ロハス・クリップスメールマガジン|最新号・バックナンバー
商品検索

ショッピングカートを見る
ニューズレター「ソレココ」
ロハスな暮らしを送りたいあなたへ。ニューズレター「sorecocco(ソレココ)」は毎月1回発行。
ロハス・クリップスの活動や商品、国内外のエコ事情やロハスピープルに関する情報をお届けしています。
ロハス・クリップスニューズレター|「ソレココ」最新号・バックナンバー
ショップ紹介
こんにちは!
ロハス通販ショップ「Lohas-Clips」です。
人や自然・環境とのつながりを意識した生活スタイルについてご提案しています。

「Lohas-Clips」について

林(店長)

ショップスタッフ

米津(スタッフ)

ロハス・クリップスブログ|いいなロハス生活
カレンダー

[営業日時]
ご注文、メールでのお問い合わせは、24時間承ります。
お電話でのお問い合わせは、
 平日 9:30〜17:00
 土曜 9:30〜12:00
日曜、祝日はお休みさせていただきます。

運営会社
ショップ運営会社
合同会社チルドレンズ・ビレッジ
運営会社「チルドレンズ・ビレッジ」
rss atom
ホーム > 商品・ブランドストーリー|拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」人も自然もハッピーに。みんなで大事にしていこう、森と海をつなぐ「水」

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|7つの特徴拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|ご使用方法拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|商品一覧

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」7つの特徴


拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|1.「森と・・・」は洗剤の使用量を減らすために生まれた洗剤です

「森と・・・」は洗剤の使用量を減らすために生まれた洗剤です
今や水質汚染の原因の大部分が、台所から出る油と、大量に使われる洗剤。
上手な洗剤の使い方が水を汚さない一番の近道だと考えています。

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|2.「森と・・・」は拭き取るタイプの洗剤です

「森と・・・」は拭き取るタイプの洗剤です 「森と・・・」は拭き取るタイプの洗剤です
ほんの少量「森と・・・」を油のついたお皿に直接スプレーしてください。
「森と・・・」は油分分解型の洗剤で、油を100%瞬時に細かく分解します。
分解された状態の油と「森と・・・」を古紙で拭き取ると、排水に流れる洗剤と油の量を減らせます。

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|3.「森と・・・」は洗浄力抜群!なのに、洗浄成分の濃度が極端に少ない

「森と・・・」は洗浄力抜群!なのに、洗浄成分の濃度が極端に少ない
「森と・・・」に含まれる洗浄成分はたった0.96%。残りの98.99%はすべて水です。薄さは世界一!
洗浄成分の濃度が薄いと、拭き取ることでほとんどの洗剤を排水に流さずにすみます。

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|4.「森と・・・」は水の使用量も減らせます

「森と・・・」は水の使用量も減らせます
通常の洗剤のように泡だてて使うわけではなく、すすぎだけですむので、水の使用量も減らせます。

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|5.「森と・・・」と一緒になった油は、自然界で100%生分解されます

「森と・・・」と一緒になった油は、自然界で100%生分解されます
一度混ざった「森と・・・」と油は分離することがありません。
油は「森と・・・」と一緒になることで、微生物の力を借りて水と二酸化炭素に変わります。
排水パイプに油がこびりつくこともないので、異臭・詰まりが起こりません。

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|6.「森と・・・」は詰替用原液1本で、スプレーボトル12本分つくれて、経済的

「森と・・・」は詰替用原液1本で、スプレーボトル12本分つくれて、経済的
スプレー1本あたり250回スプレーできます。詰替用ならスプレー1本100円!
原液大さじ1杯を15〜16倍に薄めて使います。
詰替用原液は、薄めずそのままで、多量の油がついたものの洗浄、フキン・まな板のつけ置きに。
「森と・・・」は詰替用原液1本で、スプレーボトル12本分つくれて、経済的

拭き取りタイプのキッチン洗剤「森と・・・」|7.「森と・・・」には抗菌効果もあります

「森と・・・」には抗菌効果もあります 森と・・・」には抗菌効果もあります
青森ヒバののエッセンシャルオイルを配合。
青森ヒバは古来から防腐効果を活かし神社の梁などに利用されてきました。
レンジ周り・ガス台・シンクの掃除、まな板の除菌などにこれ1本で対応できます。

ページトップへ戻る

これが、キッチン洗剤「森と・・・」のチカラ!(動画)これが、キッチン洗剤「森と・・・」のチカラ!(動画)



「森と・・・」ご使用方法


油よごれのあるものとないものに分ける!汚れは古紙などで拭き取る◆「森と・・・」をご使用の前に

1. 食べ終わった食器を、「油がついているもの」と「そうでないもの」とに分けます。
2. 多く油がついている食器は古紙(またはキッチンペーパー)などで拭き取って下さい。油がついていない食器は、洗剤をつけずに紙で食べ物カスを拭き取って下さい。
食器洗いには泡 泡が消えてもまだまだ洗える◆食器洗いには(泡)

1. スポンジに数回プッシュ!
2. 油がついている食器を軽く洗います。
3. 水ですすげば、食器はピカピカ!
(洗剤と油を古紙などで拭き取ってからすすぐと排水に流れず、さらにエコ)
※泡を出すには、専用の泡ボトルが必要です。
詰替え用原液を2,3滴垂らす◆油がたっぷりついた鍋やフライパンを洗うには(原液)

1. 古紙などで鍋やフライパンに、こびりついた油を拭き取ります。
2. 拭き取っても残ってしまった油に対し、「森と・・・」詰替え用原液を2、3滴垂らし、クリーム状にします。
3. ブラシやタワシで軽くこすって洗い流します。

油ハネにシュッ!◆レンジまわりやシンクには(スプレー)

1. 油ハネや汚れにスプレーします。
2. 古布やスポンジなどで拭き取って下さい。

◆食器洗浄機にも(スプレー)

1. 油がついている食器にスプレーします。
2. 洗浄機に食器を入れてお湯洗浄するだけ。

フキンも洗える◆フキンやまな板の除菌にも使いましょう(原液)


★ ちょっと朗報!
それでも、なかなか取れないのが、魚や肉を焼いたあとのフライパンや魚焼きグリルに付いた「ニオイ」です。 これを解消するのに、ごくごく簡単な方法がありますので、ご紹介しますね。

お茶と「森と・・・」
スプレーするまでの拭き取るやり方までは一緒。
ここで、飲み終わった「お茶」の出しがらの葉っぱと水またはお湯を、葉っぱが浸るぐらいまで入れます。
魚焼きグリルは網も一緒に浸けてください。
大体、半日ぐらい置いておくと、フライパンやグリルの表面から、魚や肉のニオイが消えて「お茶」のいい香りに!
あとは、お茶の葉と水分(もちろん「森と・・・」によって油が分解された状態なので排水に流しても安心です)をザルで漉して、お茶の葉は燃えるゴミに。
フライパンやグリルは軽くブラシやタワシでこすって洗い流してください。

ページトップへ戻る

キッチン洗剤、どれを使えばいいの?迷ったときはこちらをチェック!
私にぴったりのエコ洗剤・・・?おすすめのキッチン洗剤はこれ!|ライフスタイル別キッチン洗剤の選び方



「森と・・・」シリーズ 商品一覧





みなさんからのコメント


(りおりおさん・女性・40歳代)
友人に勧められて「森と・・・」は最初から詰め替え用を使っています。専用ボトルを買って、250ccに薄めて使えば12本分。本当に薄い水のような洗剤、これっぽっちできれいになるの?と思いましたが、洗い上がりには何の問題もなく、かなりお得だと思うようになりました。
食器の洗い方は、これまでの、なんでもかんでも泡を塗りつけて洗う洗剤や方法に慣れているので、最初とっても面倒なかんじがしました。でも、食器類がきれいになり、シンクの排水口はぬめりなし、においなしになり、生活がとても軽やかになった気がしています。お肉料理や油ものが多い日は、カネヨのクレンザーか、ジフのクリームクレンザーでもいいし、重層でもいいのですが、それらを補助的に使って洗うといいですよ。気に入りました。


(あやかママさん・モニター
使っている1回あたりの分量が適切ではないのかもしれませんが、減るのが思っていたより速いので、送料を含めると1000円を越えてしまうのは、少し高いように感じました。
これまでは拭き取ることをほとんどせず、洗剤でそのままゴシゴシやっていたために、スポンジなどがすぐダメになったり、シンクを汚したりしていたのですが、この洗剤を使うようになって、そのようなことがなくなりました。
新聞などの古紙を拭き取りに使うとごみの量が増えてしまうのでキッチンペーパーを使っているのですが、これももったいないように思うので、拭き取るのによい他の材料や工夫等があれば教えていただきたいです。


キッチンペーパー、毎回お皿拭きに使うのはもったいないですよね・・・。より気軽に使えるトイレットペーパー(誤ってシンクへ流れてもOK)で拭き取るうのがオススメです!!シリコン製のスクレイパーでお皿をこすって拭き取るというのも良いアイデアですね。ぜひおためしください。

(スタッフブログから・女性・40歳代)
今、「森と…」とヤシの実洗剤を併用して食器類を洗っています。 「森と…」のおかげで、食器類や鍋を洗う前に食べかすや料理の汁気を拭き取る癖がつきました。
拭き取ると相当きれいになり、洗剤が少なくてすむことがわかります。私たちって、つい洗剤を使いすぎてしまいます。ぶくぶく泡を立てて、ザァーっとシャワーで流すと気持ちいいですからね。
大量に使われる洗剤は、飲める水も大量に使い、汚します。
わが家は最近、トイレットペーパーをペーパータオルホルダーにさして、気楽に拭き取る生活を始めました。ペーパータオルも、拭き取るだけに使って終わりじゃ、申し訳ないですからね。
新聞は野菜の水気取りや泥落としに使うようにして。慣れてしまえば、なかなかいい感じ。


前のページへ戻る ページトップへ戻る